これさえ読めばOK!お金に対する考え方が変わったおすすめ本3冊

おすすめ本

私たちが生きていく中で『お金』というものは、切っても切れない関係です。

真剣に考えている人もいれば、あまり気にしたくないとお金について考えるのを避けてきた人もいるでしょう。

しかし、どんな人であれ『お金』について考えることは必要不可欠です。

なので、今回は私が実際に読んだ本の中でお金に対する考え方が変わった本を3冊ご紹介します!

実際に私も、今から紹介する本の影響でお金の使い方が180度変わりました。

参考にして頂けると幸いです。

お金に対する考え方が変わった本3冊

  1. お金2.0 ~新しい経済のルールと生き方~
  2. お金を笑わせろ!
  3. 嫌なこと全部やめても生きられる

1.お金2.0 ~新しい経済のルールと生き方~/佐藤 航陽 

この本は、お金は特別なものじゃないということを教えてくれました。

現在の資本主義では【お金を持っている人=偉い】という認識が多いですが、この本では、これから先の未来でお金の価値は無くなると述べています。

これから先の日本は、『資本主義』から『価値主義』というものに変化していくことによって、私たち個人の価値が評価される時代になると予想しています。

それぞれ個人としての価値が評価されるようになれば、今までお金によって変えられていたものも、価値によって変えることが出来るようになります。

そのような時代になるからこそお金の価値はどんどん下がり続ける。

では、今の私たちはお金というものをどのように使っていけばいいのか?

これを教えてくれる一冊です。

私自身、お金の使い方が慎重すぎて、本当は使うべき場面で使うことが出来ず、貴重な経験をするタイミングを逃し続けていました。

しかし、この本を読んで、いい意味でお金は自分の価値を上げるために利用するべきだという考え方に変えることが出来て、今では満足できるお金の使い方が出来るようになりました。

お金の正体を知って、価値主義の時代を生き抜くためのお金の使い方を学びたい人に自信を持っておすすめします!

2.お金を笑わせろ!/小池 浩

この本が私に教えてくれたのは、お金は生き物であるということです。

私たちはお金をものとして考えることが多いでしょう。

実際にものであるから当たり前だと思ったそこのあなた。私もその一人でした。

しかし、この本を読んで、お金には性格も意思もあることに少しでも気づき始めたときに、今までのお金使いを思い返すようになりました。

すると、お金を1人の人間として考えるようになったので

『同じ場所に留まらせておく(貯金)のはお金にとって本当に最高の選択と言えるのか?』

『お金自身も自分を飼い主(お金の持ち主)の成長や貴重な経験のために役立ててくれた方が嬉しいんじゃないか?』

などと考えるようになりました。

最終的に、お金は持ち主である私たちの価値ある経験や体験に使うことが使う私たちにとってももちろん、お金にとっても価値あるものになるんだと気づきました。

なので今はお金を使う際に、この使い方は私たちとお金の両方がwin-winになる使い方かどうかを見極めて使うようになりました。

時に貯めたり、時に大きく使ったり、お金の上手な使い方を学びたい人におすすめの一冊です!

3.嫌なこと全部やめても生きられる/プロ奢ラレヤー

この本は一見お金に関しての本に思われないかもしれませんが、諦める大切さが私のお金に対する考え方に大きな変化をもたらしてくれました。

私はお金に対して特別感を持っていて『お金=偉い』『お金が私たちを支配している』『お金がないと何もできない』と思っていました。

しかし、この本に出会ってこれらの思い込みは崩れ去りました。

この本を読んで率直に思ったのは

『え、お金ってそんなに重要じゃなくない?』

ということでした。

私自身、お金に対して強い特別感を感じていたこともありますが、お金に関わることに対して妥協できる点を明確にすることが出来ると、気持ちが一気に楽になりました。

私と同じようにお金に対して強い特別感を抱いている人はこの本を読むとお金に対する思い込みや不安をぶち壊してお金の重要度を下げることが出来るのでおすすめの一冊です!

まとめ

お金に対しての偏った考えは自分では気づいていなくても誰にでもあると思います。

そんなわけないと思っているあなたもその1人かもしれません。

本を読むことで他者と比較して、自分のお金に関する価値観を客観的に見つめなおすことが出来るので、まずは一冊でも読んでみることをお勧めします。

今回紹介した本が、あなたのお金に対する考え方に大きな影響を与えてくれることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました