相手に好かれようとするのが無意味な理由【ありのまま=大正解】

人間関係

関わる人によってその人に合ったキャラクターを演じていませんか?

私もその一人でした。

相手によってその人が好きなキャラクター像をイメージして、それ通りのキャラを演じる。

当時はそれが当たり前だし、その方が人間関係を問題なくこなせると思っていました。

今思えばその選択こそが人間関係を複雑にしていました。

そもそも、その頃の私は、関わってくれるすべての人と関わらなければならないと感じていました。

しかし、まったくそんなことをする必要はありませんでした。

じゃあどうすることが正解なのか、それは

ありのままのあなたでいること。

当たり前だと思うかもしれませんが、これがなかなか難しく、出来ている人が少ないです。

ありのままでいれない人が良く陥ってしまう考えとして、『相手から嫌われたくない』という考えがあります。

これに対して結論を言うと人から嫌われないことは不可能です。

ありのままのあなたであっても仮面を被ったあなたであっても”必ず”嫌われます。

さらに付け加えるなら、仮面を被って生きていく方がありのままでいるより精神的につらいです

多くの人に偽りの姿で相手を騙し、そんなあなたを相手は好きになったとします。

この関係はお互いにとってwin-winの関係と言えるでしょうか?

逆です。むしろ最悪の関係です。

あなたは本当の自分を相手に認められていない、相手はあなたに騙されている。

こんな偽りの関係であれば、持たない方がマシです。

そもそも無理してそのような関係を持つ必要など無いのです。

ありのままのあなたでいることは多くの人に仮面を被って生きていかなくていい上に、あなたに都合が悪い人と関係を持たなくてよくなる最善の方法なのです。

人は、誰しも生きているだけで嫌われる。これをいかに早い段階で理解するかによって、今後の人間関係の悩みが大きく減少に繋がります。

人間関係においてあなたは自己中心的でいいんです。

それはあなたの人生だから。

あなたにとってより良い人生にするためには、ありのままのあなたを受け入れてくれる人とストレスなく関係を築いていけばいい。

最初は自分をさらけ出すのに勇気が必要になるとは思いますが、少しづつ、自分のペースでありのままのあなたでいれる環境を整えていきましょう。

まとめ

人間関係の問題は自分だけで解決できるものではないので、ある程度の取捨選択は必須です。

ありのままをさらけ出した関係を続けていく中で、その人が自分に合わないと感じたら、積極的に距離を取りましょう。

それはあなたの為でもあり相手の為でもあります。

ストレスの無い、あなた中心の輪を広げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました