【時間不足】1日の幸福度を上げる2つの時間活用法

ライフハック

1日の使い方は人それぞれ。

あなたの1日はどうですか?

社会人であれば多くの人が1日の約半分を仕事に費やし、残りの半分の時間を食事をしたり、睡眠時間を確保したり次の日の仕事の準備に回します。

そして余った数少ない自由時間をやっと自分のために使ってあげられます。

少ないです。

今までよりあなたの時間をあなたの有意義で幸福度の高い時間にするために使うにはどのように日々の時間を活用すればいいのか。

今回は、そんなあなたに向けて1日の幸福度を上げる2つの時間活用法を紹介します!

1日の幸福度を上げる2つの時間活用法

  • 無駄な時間を置き換える
  • ネガティブに考えていた作業をポジティブに捉える

無駄な時間を置き換える

1日の生活の中で無駄にしてしまっている時間はありませんか?

通勤中の電車での時間、ついつい携帯を眺めて気づいたら過ぎていく時間、あなたの日常のどこかに必ず置き換え可能な時間があるはずです。

その時間をあなたの知識を、あなたの健康を養う時間として活用しましょう。

通勤中の電車であれば、読書やオーディオブックを聞く時間に費やしたり、つい携帯を眺めてしまい過ぎていた時間は筋トレの時間にしてみたり。

少しの時間を自分の成長のために使ってあげると、1日の幸福度が上がったり、仕事の生産性が上がって、短期的・長期的にあなたの人生をより豊かにしてくれます。

あなたの今の生活の中に少しでも無駄だと感じる時間があるなら有意義な時間に置き換えてみてはいかがでしょうか?

ネガティブに考えていた作業をポジティブに捉える

これは生活の中で嫌だなと思っている作業を意味のあるものと捉えること。

例えば、仕事自体がめんどくさい・行きたくないとマイナスなイメージを持っているとして、その仕事は本当に意味のないものなのだろうか?この仕事をやることで自分にどんなメリットがあるのかを考えます。

そうすれば必ず仕事によってあなたが成長している部分が見つかるはずです。

そもそもあなたが仕事を通して何かしら社会に価値を提供しているという時点で素晴らしいことをしているんです。

それを誇りに思いながら仕事をこなすだけでもモチベーションは大きく変わり、あなたの幸福度は高まっていきます。

これを仕事だけにかかわらず、すべての作業に意味を持たせ、そこから自分が得られるスキルを意識しながら日々の生活を送ることで、成長を常に実感できるとともに、幸福度の高い1日を送ることが出来るようになります。

逆に意味やメリットを感じられない仕事や作業は、積極的に生活から切り離すべきです。

それがあなたのこれからのより良い人生の邪魔になってしまうから。

幸福度を上げる時間活用法を学べる本

週40時間の自由を作る超時間術

この本は、私たちが間違った価値観を持っている時間の原因を明確にして、具体的で誰でも実施できる対策法を使って週に40時間もの自由時間を手に入れられる1冊。

私自身もこの本を読んでから、時間に対して窮屈で追い込まれる感覚が一切なくなり、考え方・感じ方次第でここまで変わってしまうのかと驚きました。

日々の生活が少しでも窮屈だと感じている人は是非読んでみてください!

まとめ

時間はお金と違って貯めることが出来ず常に無くなっていきます。

なので、1分・1秒も無駄にできません。

であればあなたが何気なく過ごしてきた時間を有意義なものにして、昨日より今日、今日より明日、常に進化し続ける時間に変えていきませんか?

それが出来ればあなたは今よりもっと魅力的に生まれ変われます。

これを知った今日から一歩ずつ動き出しましょう!

見たことのない自分のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました