失敗が成功よりも必要な2つの理由【失敗は財産】

思考法

何かを始める前にインターネットなどを使って事前に調査してある程度準備してから始める事ができるようになった現在。

この時代の進化が、私たちに大きな影響を与えるている訳ですが、それが全て良い影響では無いのも事実です。

今回のテーマでもありますが、現在の私たちは昔に比べて失敗を恐れるようになってしまいました。

この背景にはインターネットの発展による多くの情報によって私たちの考えが膨れ上がってしまい、何を信じれば良いのか分からなくなっている現状があるということを理解しなければなりません。

本当は失敗を恐れる必要など無く、むしろ失敗体験は成功体験よりも必要なのです。

その2つ理由を今回は紹介していきます!

失敗が成功よりも必要な2つの理由

  • 行動力が身につく
  • 失敗するリスクは失敗をすれば減らしやすい

行動力が身につく

失敗を恐れて何も行動に起こせていないと人はどうなってしまうでしょうか?

行動力が全く身につかないのです。

何かに挑戦する為には、必ず行動を起こさなくてはなりません。

なのにも関わらず、やる前からインターネットや周りの人から受けた失敗のリスクを負うことが出来ずに、1歩踏み出せなければ挑戦の先の成功なんて100%有り得ません。

もちろんリスクは少ないに越したことはないですが、全くリスクの無い挑戦などありません。

リスクを最小限にする事は大事ですが、ある程度リスクを削ったのなら、あとは行動に移す事が絶対に必要です。

また、そこで1歩踏み出して失敗しても、そこであなたの将来が終わってしまうのでは無いので、成功するまで何度でも挑戦すれば良いのです。

そして結果的に失敗を恐れず行動を続けていくと、失敗に対しての恐怖が薄れていき、あなたの中での挑戦するハードルが低くなっていき、自然と行動力が高まります。

なので、今のうちに失敗経験はたくさん積んでおきましょう!

行動力についてはこちらの記事もおすすめ→【成功への近道!】行動力を上げるためにすべきこと3選

失敗するリスクは失敗をすれば減らしやすい

失敗するリスクは失敗を重ねる事で減らしていけます。

もしあなたが何か失敗をしてしまったとして、その時もうこんな失敗はしたくないと思いますよね?

その気持ちが次の失敗のリスクを減らすために重要になってくるのです。

この経験をたくさん積めば積むだけ、失敗をしてしまう要因を徐々に排除する事ができ、成功への道のりがはっきり見えるようになるということ。

ということは!

失敗って果たして本当に失敗なのでしょうか?

失敗を積み重ねていく中で、成功までの道がはっきりと見えてきて、それがやがて成功に繋がる。

それは成功までに経験した失敗は成功までのプロセスという事。

なので、その時は失敗と感じていたものであっても長い目で見ればそれは失敗では無いのです。

ここに気づいてしまえばあなたにとって失敗なんてなんの恐怖も無いものに見えていると思います。

ここからは簡単、あとはやるだけです。

失敗のリスクを減らすおすすめ本

悩む力 ~天才にすら勝てる考え方【クリティカルシンキング】~

この本は、【クリティカルシンキング】という仕事・勉強・人間関係・メンタル・アイデア・決断力の全てにおいて本当に良い選択をする考え方を自分自身も今までたくさんの場面で駆使してきたメンタリストのDAIGOさんが、詳しく教えてくれるという内容です。

自分にとって最良の選択をして、失敗のリスクを減らしたいあなたにおすすめの1冊。

まとめ

何度も言いますが、失敗はその一瞬は後悔すべきものに感じるかもしれませんが、そこから失敗の経験から学んだことを活かして、その先の成功を掴み取れば、失敗は失敗では無くなります。

本当の失敗は、失敗した時点でそこから何も考え・行動しない事を言うので、もし現在あなたが何か失敗してしまった経験があるとするなら、そこから何か1つでも吸収して、これから先の挑戦の糧にしてください。

そうすれば何か成功を掴み取った時にそれが失敗では無くなります。

あなたがそう自信をもって言える事を、私は信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました