目的を持つことの重要性って何?【結論:継続力が上がる】

思考法

どんなことに挑戦するときも、その挑戦に対して目的を持っている人と目的を持ってない人がいます。

そしてその2通りの人の大きな差として挙げられるのが継続できる力があるかということ。

具体的に言うと、目的をもって物事に取り組んでいる人は継続力があり、長期間続けることが出来るため、結果的に成果につながりやすい。

一方で目的がなくただやっている、周りにやらされている人は継続することが出来ないため、長期間の努力が出来ないので、結果的に成果につながりにくい。

目的を持つ=継続力が上がる

このように、目的を持つことで得られるものは【継続力】であり、高い継続力を生かした長期的な挑戦が、成果に直結すると言えます。

では、なぜ目的を持つことが継続力を上げることになるのかを解説します!

なぜ【目的を持つ=継続力が上がる】なのか?

  • モチベーションの向上・維持ができる

モチベーションの向上・維持ができる

結論はシンプルで、モチベーションの向上・維持ができるから。

人間は、なにかに挑戦するときはやる気などの熱量が大きな原動力になります。

しかし、そのやる気は理由もなく湧き出てくるものではなく、自分の中に生まれる何かによって湧き出てくるものです。

それは何か。

目的です。

絶対に∼になるんだ、あの人みたいにはなりたくない…、∼をするためにはこれをやるしかない

など、目的の内容は人それぞれですが、重要なのは自分の中にその挑戦を行う明確な目的があること。

これを持っている人は、挑戦の中で立ちはだかる壁や挫折なども目的達成のために乗り越えられるので継続し続けることが出来て、成功を引き寄せます。

目的と目標についてはこちらの記事もおすすめ⇒目的と目標の違いについて【目的:ゴール、目標:目的までの通過点】 目標を立てる事が大切な理由【結論:ルートが定まる】

まとめ

今回は、目的を持つことの重要性について解説しましたが、結論は至ってシンプルで目的を持つことによってモチベーションの向上・維持が可能になって継続的に挑戦を続けることが出来るということでした。

なのでもしあなたが何か挑戦したいものがある、もしくは探したいのなら、挑戦する目的をはっきりさせる、または挑戦する目的が明確にできるものを挑戦するようにしましょう。

明確な目的を持っているだけであなたの挑戦が成功する確率は、確実に上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました