【成功の極意】結果を出すための2つの思考法とは?

思考法

人それぞれライフスタイルは様々だと思いますが、いずれの場面でも結果が求められる場面は必ずあります。

あなたはその場面で納得のできる結果を出せていますか?

この記事を読んでくださっているあなたはきっと即答で結果を出せているとは言えないでしょう。

では、結果を出している人はどのような思考法によって結果を出しているのでしょうか?

今回は結果を出すための2つの思考法を紹介します!

結果を出すための2つの思考法

  • なぜ?と問い続ける
  • 何かを選択するときは、困難な道を選択

なぜ?と問い続ける

結果を出せる人は、成功経験や失敗経験に関わらず全ての要因について【なぜそうなったのか?】と自分自身で考えようとします。

成功・失敗した結果に満足することなく、その結果から自分が何を学んだのかを一番に考えるのでそこで「これをしてしまったから失敗した」「ここを頑張ったから成功した」など結果が出た理由を明確にすることが出来ます。

これによって成功のための法則によって行動し、失敗をしてしまう原因を避け続けることが出来るようになるのです。

この思考法を理解しているかしていないかで、成功する可能性は大きく変わってきます。

何かを選択するときは、困難な道を選択

結果を出すまでの段階で何かしらの選択を迫られる場面が必ずあります。

その時に、数ある選択肢の中で自分にとって最も困難な選択をするようにしましょう。

これを実現できれば、目の前の成功だけではなく長期的に考えたときに確実に他の選択肢を選んだ時よりもあなた自身が成長できます。

たとえそれが遠回りだったとしてもその道のりはあなたにとって忘れられない経験になるから。

その場面だけで考えるともっと楽な方法があるとしてもその選択であなた自身が成長できるかと考えたときにあなた自身がどう考えるかを立ち止まって考えてみましょう。

最終的にはその選択があなたにどのような影響を与えるかよりも、その選択をするまでに考え抜いた道のりがあなたを結果の出せる人物にするかを左右します。

なので、今後あらゆる場面で選択を迫られたら、自分自身を成長させる絶好の場面だとポジティブに捉えるようにしましょう!

結果を出す思考法を学べるおすすめ本

【GACKTの超思考術】

ミュージシャンとしてはもちろん、実業家としても大成功しているGACKTさんの話し方、考え方、結果の出し方、稼ぎ方、生き方などのすべての思考術が詰まった大ベストセラー。

成功するためのあらゆる思考法を余すことなくインプットしたい方に超おすすめの1冊です!!

まとめ

今回は結果を出すための2つの思考法についてまとめました。

私自身、この思考法をするようになってからは、物事を途中で投げ出すことが圧倒的に無くなりました。

それと同時に、この継続力が結果を出すために最も必要な能力であると気づきました。

挑戦しているものにおいてなかなか結果が出ていない人が途中でその夢を投げ出してしまいそうになった時、この記事を読んでもうひと踏ん張りしてみようと思ってくれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました